美人になるには

美白に欠かせない3大栄養素で内側からお肌ケア

投稿日:

女子なら誰でもが憧れる美白美人になるために、スキンケアに気を使ったり、紫外線から肌を守る様々な対策をとったりしている人も多いです。しかし、そういった外からのケアは万全にしていても、なんだか物足りない気がしている方には、内側からのケア方法もあることを知っておくと良いかもしれません。

日々口にするもので、紫外線を吸収しにくい肌を作ったり、シミそばかすを解消したりすることができるのです。美白に効果的な栄養素を積極的に摂取することで内側からのケアが可能になります。

まず、美白に欠かせない栄養素といえばビタミンCです。ビタミンCはシミそばかすの原因であるメラニンになるチロシナーゼが活性化するのを抑える働きがあります。アセロラやキウイ、ゴーヤやパセリなどに多く含まれます。よく知られている柑橘系の果物もよいのですが、これらは食べた後にすぐ外に出ると逆に色素沈着が進み、シミがひどくなることもあるので注意しなければなりません。

二つ目は、セラミドです。セラミドは、肌を補強してくれるので、紫外線や外部からの菌などの外からの刺激に強い肌作りが期待できます。セラミドは、こんにゃくや大豆、牛乳、ブロッコリーなどに多く含まれています。毎朝、一杯の牛乳を習慣にすることで簡単に摂取することができそうです。

三つ目は、リコピンです。リコピンといえば、トマトに多く含まれていることで有名ですが、抗酸化作用のある栄養素で肌の酸化を防止し、また、しわ予防にも効果があります。リコピンはトマト以外ではすいかやニンジンにも含まれています。

以上、上げた栄養素はどれも日常で口にしやすいものばかりです、意識して日々の食事に入れることで内側からも美白ケアをしていきましょう。

 

美白の基本・日焼け止めは用途に応じて使い分け

美白に必要な化粧品として最も大切なものが、やはり日焼け止めです。たくさんの日焼け止めがありますが、どのようなものを選ぶとよいのでしょうか。日焼け止めの上手な使い分けについてお伝えしていきます。

 

・日焼け止めの2つの数値には、どんな意味が?

日焼け止めにはSPFとPAの二種類の数値があります。例えば、SPF50 PA+++のような記載がされています。
SPFとは、日に当たってから肌の色が変わるまでの時間を、素肌の時の何倍遅らせることができるかを表します。
そしてPAとは、シワやたるみの原因となる紫外線A波に対する効果で、+が多いほど高くなります。

 

・季節による使い分けの方法

紫外線A波は、一年を通して降り注いでいます。つまり夏場だけに限らず、昼間の外出が多い方であれば、一年中PAの高いものを使うことが有効的です。
そして春から夏場にかけては、特に紫外線が強くなります。同じ天気のもと同じ時間外で過ごしても、夏はすぐに赤く焼けますよね。
ですから、特に長時間のレジャーなどの場合はSPFの高めのものを使い、お肌を守る必要が出てきます。

 

・お肌への負担を考えた使い分けの方法

SPFの高めのも、そしてウォータープルーフのものは、洗顔では落とせずクレンジングが必要となります。
一方SPFが低いもの、子供向けのものなどは、石鹸で落とせるためお肌にも優しいんです。

普段の通勤などは石鹸で落とせる軽いもの、海などのレジャーではSPFの高いウォータープルーフのもの、と使い分けることで、上手に美白を保ちながら、お肌を守ることができるのです。

いかがでしたでしょうか。美白の基本は、まず焼かないことです。日焼け止めをうまく使いこなし、美白へ近づきましょう。

 

-美人になるには

Copyright© パーフェクト美人 , 2019 All Rights Reserved.